トップ 琉球歴史絵巻と偉人肖像画の部屋 琉球歴史絵巻と偉人肖像画の部屋 【宮古の指導者】 仲宗根 豊見親(なかそね とぅゆみゃ) 15〜16世紀 【宮古の指導者】 仲宗根 豊見親(なかそね とぅゆみゃ) 15〜16世紀

Warning: Missing argument 1 for LEFTMENULEKISHI(), called in /home/xsvx3023268/jcc-okinawa.net/public_html/art/rekishi/nakasonetoyomi/template/index.tmpl on line 31 and defined in /home/xsvx3023268/jcc-okinawa.net/public_html/art/lib/define.php on line 69

【宮古の指導者】 仲宗根 豊見親(なかそね とぅゆみゃ) 15〜16世紀

【宮古の指導者】 仲宗根 豊見親(なかそね とぅゆみゃ) 15〜16世紀
時代の流れを見極め 宮古の発展を導いた英雄。

仲宗根豊見親は十五世紀後半から十六世紀初頭にかけ宮古を治めた人物です。「豊見親」とは宮古の尊称で「名高い」といった意味になります。

彼は尚円王より正式に「宮古頭職」に任じられました。
仲宗根は強大な琉球王府と宮古をはじめとする先島諸島の力関係を見極め、積極的に王府に従属することで宮古の存続を図りました。
彼は宮古が行っていた王府への朝貢を八重山にも一部負担するよう求めます。

これに対して石垣島のオヤケアカハチが反発したためその成敗を王府に願い出ました。
一五〇〇年、王府から派遣された三〇〇〇人の兵を率いて仲宗根はアカハチを討ち取ります。
一五二二年には、王府に反旗を翻した与那国島の鬼虎も滅ぼし先島の安定に寄与しました。
彼は地元で井戸掘り事業を行ったり下地橋道の築造を行うなどして人々の暮らしの向上に尽力しました。

彼の名は宮古を中心に、現在も誇り高く語り継がれています。

この絵がある場所
琉球料理 首里天楼(沖縄県那覇市)
琉球料理 首里天楼別邸(沖縄県糸満市)
百名伽藍(沖縄県南城市)