Deprecated: ini_set(): Use of mbstring.http_input is deprecated in /home/xsvx3023268/jcc-okinawa.net/public_html/art/rekishi/geiontei/top.php on line 3

Deprecated: ini_set(): Use of mbstring.http_output is deprecated in /home/xsvx3023268/jcc-okinawa.net/public_html/art/rekishi/geiontei/top.php on line 4
新北風(ミーニシ)をとらえて船出する進貢船 | JCCweb美術館

新北風(ミーニシ)をとらえて船出する進貢船

新北風(ミーニシ)をとらえて船出する進貢船
前へ
次へ
全体図に戻る
拡大図・解説
  • 幼少の王子の手を引く王夫人と、重臣たち
  • 那覇港の内海(現在の漫湖)周辺の風景
  • 新北風(ミーニシ)をとらえて船出する進貢船
  • 那覇港のランドマーク・三重城と海中道路
  • 国の黄昏を憂う最後の国王・尚泰(しょう たい)
詳細拡大図・関連写真
  • 第二尚氏十九代の琉球国王 尚 泰(ショウ タイ)
  • 琉球王国末期の三司官
  • 那覇市牧志の「琉球料理 首里天楼」
新北風(ミーニシ)をとらえて船出する進貢船

舷側の目玉が特徴的な進貢船は、琉球と中国の間で長く続いた朝貢貿易には欠かせない存在でした。
大きいものは50m以上になる大型船で、琉球にはこれを作る技術がなかったため中国から下賜(かし)されていました。
10月頃に吹き始める北風に乗って中国に渡り、宝物を満載して戻ってくる進貢船は海洋貿易国家であった琉球の象徴ともいえます。
しかし1876年にはその役目を終え、那覇港から最後の船出をする様子を描いた図です。画面右に見えるのは海中の出城・屋良座森城(やらざもりぐすく)です。